MENU

妊娠線クリームは、いつから使う?

妊娠発覚!喜びと同時に生まれる不安

 

妊娠が分かると、喜びと同時に様々な不安が浮かぶ人も多いかと思います。妊娠したら多くの人がまず気を付けようと思うのは食べ物や飲み物だと思いますが、更に体の冷えや保湿にも気を配りたいものです。
何故なら妊娠中、お腹が大きくなっていくうちに何もケアをしないと、お腹に「妊娠線」が出来てしまう場合があります。
妊娠線とは、妊娠するとお腹の中で赤ちゃんが成長し、少しずつ大きくなっていくと共にママのお腹も少しずつ大きくなっていきます。
お腹が大きくなり皮膚が急激に伸びていく事で、伸びる表皮に対し伸びにくい真皮や皮下組織がお腹の大きさについていけず、亀裂が生じ赤紫色の線状斑が現れます。これがいわゆる妊娠線です。
 

出来たら消えない!憎き妊娠線

妊娠線はお腹だけに出来るものではなく、太ももや乳房、お尻などにもできることがあると言います。

 

妊娠線は、一度出来てしまうと消す事が出来ないと言われているのです!あまりお腹を出す機会は無いし、子供を生んだ勲章だ!と思える人でも、女性なら水着を着る時や温泉に行く時多少なりとも気になるものですよね。出来てから後悔する前に、しっかりと予防をしていきましょう。

 

 

妊娠線が出来る原因

 

妊娠線が出来てしまう原因は、お腹が急激に大きくなると同時に‘乾燥’してしまう事だと言われています。

 

特に乾燥しやしすい寒い時期には、しっかりと保湿をする事が重要です!
一般的には、少しずつお腹が膨らみはじめる妊娠4ヵ月頃から妊娠線を予防するクリームやオイルを使い始める人が多いようですが、予防をするという意味では常に保湿を心がける事が大切なので、保湿する事を習慣づける為にも、妊娠が分かってからすぐに使い始めて早すぎるという事はありません。
妊娠線予防だけでなく、乾燥から身を守る事は女性にとって大切な事ですよね。お腹だけでなく、腕や足や太ももやお尻などの保湿もしっかりと!
塗り込む時に、揉みほぐすようにマッサージしながら保湿する事を心がけましょう。

 

 

塗り始めるのは早い時期からに越したことは無いけれど、一体いつまで塗ればいいんだろう?と疑問に思う方も多いかと思います。妊娠線予防クリームは塗り始めたら、きちんと最後まで塗り続ける事がポイントです。
お腹が出始めた最初だけ気合いを入れて塗り込んでいても、急激にお腹が大きくなる妊娠中期や妊娠後期に油断してしまっては、せっかく予防してきた努力が水の泡になってしまいます。妊娠線が一番出来やすい時期は妊娠後期です!!出産が近づいてくると、頭の中は陣痛の事と赤ちゃんの事でいっぱいになると思いますが、自分の体の事も気にかけてあげてください。出産するその日まで、乾燥する前にこまめに保湿する事を忘れないようにしましょう。